EAGL∃ Company

北海道(札幌)で活動中の即売会サークルです。 主に【作る】を主体に【東方project】の二次創作活動をしています。 興味のある人はお気軽にどうぞ。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

椛化計画。

今日の日中は木材加工をしていたイーグル・T・ヴィレッジです。
風、強かったねぇ。
台風の影響なんですかね?


さて、現在加工している模造刀の話は別の機会にして・・・
前回UPした【犬走 椛の耳】の作り方です。

120615_111931.jpg
前回の・・・
ぶちゃけ塊。
でも、俺技術入っています。

では、作り方。
ざっくばらんなんで、判り辛かったらゴメンなさい。


材料。ファー(マフラーを編む時等に使う毛糸に繊維状の細い糸が付いた毛糸)
ライオンボード、フェルト、グルーガン、ヘアバンド、etc
120615_094203.jpg
材料はこんなところ。



120614_184026.jpg
ライオンボードを耳の形に4枚切ります。あと、底辺用の三角2枚。
ライオンボードは東急ハンズに売っています。
熱を与える事で、ある程度の形状記憶(曲線)が可能です。
これは2mmを使用しました。



120614_205029.jpg
アロンアルファーで接着します。
耳っぽくなりました。



120614_205100.jpg
同じ型でフェルトを切ります。



120614_221342.jpg
120615_094118.jpg

\製作屋/植毛中。

グルーガンで1本づつ取り付けていきます。


で、なんだかんだで完成すると冒頭のヘアバンドになります。

どうです?簡単でしょ。

簡単じゃない!?

((((;゚Д゚))))ソーダヨネェ・・・ソウナンダヨネェ


実物は神居6で見れると思います。
また、耳をモフモフ仕様にしていましたが・・・毛羽立ちが酷くて固めたら・・・
ゴワゴワになっちゃいました゚(゚´Д`゚)゚
仕方ないね・・・


明日は今日の引き続き模造刀製作です。

( ̄^ ̄)ゞでは!
スポンサーサイト

| 工房【作り方】 | 22:01 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【東方時計】の作業風景

今更時計の作り方を説明するイーグル・T・ヴィレッジです。

新作時計の準備は整っていますが、プリンターが実感死に気味の為
着手不可能になっています。

ヽ(`Д´)ノ原版印刷できねぇぇぇぇぇぇっ!!

と、言うわけで
以前に印刷しておいた原版を使用して【お空のメルトダウン式核融合時計】の制作風景をお見せします。

神居祭5でも中のギミックに興味をもたれた方も多かったので。



【段取り】

基本的にはPictBearで原版を作成し、0.22mmのクラフト用紙に印刷しています。
構図はこちらを参照してください→【東方帰還!!】


【作成】

まず、時計を解体します。
120219_060655.jpg

原版の用意。
120219_061120.jpg

ガラス版の用意
120219_060954.jpg

下地を貼ります
120219_061252.jpg

短針盤の取り付け
120219_061601.jpg

長身盤の取り付け
120219_061730.jpg

秒針盤の取り付け
120219_0622530.jpg

ガラス板に隠しを貼って・・・
120219_062635.jpg

完成です。
120219_063139.jpg


隠しの位置調整や秒針のズレなどを調整しないといけません。
あくまで、見て楽しむ時計なので基本性能は無視です。
見づらいのが当たり前の時計です。
ハイ。


次回は何を製作しているやら・・・
たまには製作以外の話をしたい気もしますが、多分しないでしょう。

では ノシ

| 工房【作り方】 | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【楼観剣】の作り方。(まとめ2)

今日、ブログの更新が終わったら、近所の温泉に行くイーグル・T・ヴィレッジです。

この前の続きですね。
【楼観剣】の作り方。(まとめ)←を参照。

今回は鞘です。
ただ…鞘を製作していた時の経過写真が無い為、文でしか説明出来ません。
理解出来なったらゴメンナサイ。


①、45㍉幅のMDF材を二枚重ねにし…
 先端を刀と同じ形状に切り落とします。
 (刀が入る位のゆとりをもってください。ミスると刀が入らなくなります。)

②、カット後、1枚の片面に6*6㍉の角材をボンドで接着していきます。
 (鞘をイメージしながら接着してください。先端は、角材を曲げるのではなく、斜めに2本合わせるように接着し ます。)

③、もう1枚の45㍉幅のMDF材は、貼りつける前に内側(両端6ミリを外した中央30㍉)を2㍉程削ります。
 (この作業は、パテで固めた際の厚みを考慮する作業です。場合によっては、刀が入らない場合があります。)

④、③と②を接着し、完全にくっついたらカンナ&ヤスリ掛けを行い凹凸やつなぎ目を無くし、鞘に丸みを持たせます。

⑤、鞘の口を少し広めに削り、刀が入りやすくします。
 パテで留め金を作り、鞘に色を塗れば…完成です。

110804_2024551.jpg 上の鞘を参照。

今日はここまでです。
次は残りの装飾と持ち手ですね。

寝すぎて筋肉痛がヒドイので、温泉行ってリカバリーしてきます。
ではでは ノシ

| 工房【作り方】 | 12:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【楼観剣】の作り方。(まとめ)

神居祭4の売上で、安いデジカメを買いたいイーグル・T・ヴィレッジです。


今日は、誰でも簡単に出来る!模造刀(木刀)の作り方を教えます。
(料理番組的に)


材料&道具
MFD材(900*1800*5.5ミリ) 約2000円
ポリエステルパテ        1Kg 約2000円
ポリパテ用硬化剤       100g 約800円
6*6ミリ角材 100均(ダイソー) 3本入り*2つ
紙やすり (60番、100番、200番、400番)
仕上げ用紙やすり(400番、600番、1000番)
木工用ボンド
プラモ塗料(シルバー系、クリアー)

布(黒)100*50*1000ミリくらい
カラー紐 5m  (ダイソー)
造花       (ダイソー)
毛糸(白)    (ダイソー)

カッター、手ノコ、カンナ…等々。

作り方(かなり大雑把な部分があります。)

①、MFD材をカッティングします。
  【30*1800ミリ】 1枚
  【45*1800ミリ】 2枚
  【70*40ミリ】   1枚
 ※丸ノコが無い場合は、ホームセンターで切ってもらえます。1カット=50円

次に、刀の長さを決めます。
基準は、刃先から刃の根元までを900~1000ミリ(1)、持ち手を120~200ミリ(2)くらいが理想と思われます。
長さを決めたら、(1)、(2)を合計し、30ミリ幅を切り落とします。
45ミリは(1)+20ミリで2枚切り落とします。


②、30ミリ幅のMFDを刀の形に切り、紙やすり【60番】で刃先を整えます。

110801_1610161.jpg このMFD材を…
110801_1625241.jpg こんな感じに

③、刃の部分になる側うにカンナ掛けをナナメに行い、刃を形成します。

④、その後、ヤスリ掛けを行い滑らかにします。

⑤、(1)本体の柄部分に(2)の長さ分の30ミリ幅のMFD材をボンドで両面に貼りつけます。

⑥、接着し終わったら、柄をカンナで角を落とし持ちやすくします。

⑦、刃にポリパテを塗り込みます。柄には塗りません。(ポリパテは緩めに、薄く塗り込みます。)

110801_203407.jpg こうなりました。

⑧、完全に硬化したら、ヤスリ掛けを行い平らに仕上げます。

⑨、刃をシルバー(自分はMr.カラーのアルミ)をスプレー等で塗り、何度か吹き付けた後
  コンパウンド【細目】で磨き、クリアー塗装を同じように吹き付け、再度コンパウンドで磨きます。

110802_2214091.jpg こんなんです。


⑩、70*40ミリのMFD材は刀の【つば】なので、形は円形や多角形等好きに加工してください。
  中央には刀が通るように穴を開けます。(約32*6ミリ)


とりあえず、ここまでで本体は仮完成です。
次回は鞘の作り方を説明します。

それではノシ
(更新に4時間もかかったよ…)

次へ【楼観剣】の作り方。(まとめ2)

| 工房【作り方】 | 01:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

模造品製作所 【仮】

※とりあえず、間に合わないので仮設ページです。

模造刀販売00

仕事の合間をみての製作になるので製作スパンが延びる可能性は大きいです。
また、腕前はプロではありませ。アマ++位ですかね・・・
工賃は材料費+手間賃で行いたいと思っています。

110808_0018141.jpg
この【楼観剣】の材料費は・・・
MDF材(木材):¥350、FRP(強化パテ):¥500、塗料:¥200
布や花等の雑費:¥300  (全て概算での使用金額です。)

引き渡し方法は手渡しを考えています。理由は完成した作品に納得いくかどうかです。
駄目なら手直しも考えています。

あと、発注者は札幌近郊の方に限ります。

質問がありましたら、このページにコメントお願いします。
随時更新し、本格稼働させて行きたいと思いますのでよろしくお願いします。

| 工房【作り方】 | 11:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。